ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月02日

好調持続の武藤嘉紀が代表合宿に合流「とにかく結果にこだわりたい」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このチャンスを逃すわけにはいかない――。10分足らずのメディア対応の中で、何度もその言葉を繰り返す姿から、“生き残り”への強い想いがうかがえた。

 2日、キリンチャレンジカップ2017に向けて豊田市内で合宿を行う日本代表に、武藤嘉紀(マインツ)が合流。同日の参加となったメンバーとともに、約20分のランニングを実施して初日のトレーニングを終えた。

 6大会連続となるワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦ではベンチ入りすらできなかった。「これまでに味わったことのない悔しさ」を覚えたからこそ、10月シリーズに懸ける想いは強い。「自分にとって、ニュージーランド戦はただの親善試合ではありません。このチャンスをモノにできなければ次はないという気持ちでいますから。自分に求められているのはゴール。得点が何よりのアピールになると思うので、とにかく結果にこだわりたいですね」

 所属するマインツでは、9月30日に行われたブンデスリーガ第7節ヴォルフスブルク戦で、今季リーグ戦3ゴール目を記録。自身のコンディションも良好だ。だからこそ、約2年間遠ざかる日本代表での得点がほしい。

「どのポジションで起用されるか分かりませんが、自分の良さを全面に出していきたい。代表でも活躍できるということを示すためにも、貪欲にゴールを狙っていきたいと思います」

 指揮官の期待に応える準備は整った。リベンジに燃える男がチャンスを掴む。


きんg