ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月07日

2年ぶり先発復帰の武藤が示す可能性…大迫との連携に「新しいものを見出せた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表を2-1で破った。

 2年ぶりの先発起用だったFW武藤嘉紀(マインツ)はセンターフォワードで出場したFW大迫勇也(ケルン)との連携面に手応えを感じているようだ。

 試合後、取材に応じた武藤は「大迫選手とのコンビネーションに新しいものを見出せたと思う。お互いにチャンスを作れてたし。できれば前半で決めたかった」と代表の戦い方に新しいオプションができたのでは、と考えているという。

 FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)、FW乾貴士(エイバル)らドリブルでの推進力がある選手が左サイドを務めてきたが、「違う良さを出さないといけない」と意気込む。「普段は真ん中で、ドリブルはあまりしないけど…。求められるところで結果を出さないと。得点だけです。ポジティブに、エゴイストになっていきたい」とゴール前でのアピールを誓った。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。

きんg