ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月18日

岡崎と再会か…元ドルトのトゥヘル氏、レスターの新監督候補に浮上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 17日にクレイグ・シェイクスピア監督を解任したレスターの新指揮官候補に、昨シーズンまでドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏が浮上しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が18日に報じている。

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは今シーズン、プレミアリーグ第8節終了時点で1勝3分4敗。降格圏内の18位に低迷している。今年2月にアシスタントコーチから暫定監督に就任し、6月には3年契約を締結したシェイクスピア監督だが、わずか4カ月での解任となった。

 今回の報道によると、レスターの新指揮官候補にトゥヘル氏が浮上しているという。同氏は昨シーズンまで2年間に渡ってドルトムントを指揮していたが、2009-10シーズンから2013-14シーズンまではマインツを率いており、岡崎を指導していた。仮にレスターの新指揮官に就任することとなれば、再びタッグを組むこととなる。

 なお、地元紙『レスター・マーキュリー』が次期監督を予想した記事では、サム・アラダイス氏やクリス・コールマン氏(現ウェールズ代表監督)、カルロ・アンチェロッティ氏、ナイジェル・ピアソン氏、ロベルト・マンチーニ氏(現ゼニト監督)デイヴィッド・モイーズ氏、フース・ヒディンク氏らが候補として挙げられている。

 果たして、レスターの新指揮官は誰になるのか。一昨シーズンのプレミアリーグ王者がどんな選択をするのか、注目だ。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報