ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月19日

マインツ、ナイジェリア代表バログンが手を手術

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今シーズンは、なかなかレオン・バログンにとって思うようにいかない時間が続いている。バログンは「金曜日に左手の中指を骨折しており、手術を余儀なくされた」ことが、マインツのクラブ公式より日曜に発表がなされた。

29才のナイジェリア代表DFの復帰時期については「順調に行けば、数週間で添え木が外れ、前半戦の終盤でにも復帰することができるかもしれない」という。

2015年に1部昇格を果たしたダルムシュタットからマインツへと移籍した同選手は、ここまでマインツにてブンデス1部43試合に出場し、今季はここまで4試合でプレー。

だがその間にシャルケ戦で顎に骨折をかかえ、保護マスクを装着してナイジェリア代表2試合でプレーしていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報