ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月08日

マインツのシュヴァルツ監督「グラードバッハ戦の時のような戦いを」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前節はホームでの会う宮ブルク戦にて、不満の残る形での敗戦を喫してしまったアウグスブルク。週末には、今度は2位につける強豪ライプツィヒとの、過酷なアウェイ戦が待ち構えているところだ。

サンドロ・シュヴァルツ監督は「当然ながらアウグスブルク戦のあとでは苛立ちを感じたさ」とコメント。「しかし火曜日からはそのフラストレーションをエネルギーへと変えて練習場でとりくんできている。」と言葉を続けている。

ライプツィヒ戦にむけては、「グラードバッハ戦に臨んでいたときのような姿勢を忘れてはいけない。意欲的にプレーしなくてはならないし、メンタリティとシャープさをもって戦わなくては」と選手たちに要求。

もしもそのときのような戦いができるならば、「おそらくはいい結果を持ち帰れるのではないか」と前向きな姿勢を示したが、ただそれと同時にマネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は「あまりうちに期待している人はそういないだろうけどね」とも付け加えた。

なおこの試合からは、背中に問題を抱えていた武藤嘉紀が再びメンバー入り。おそらくは大腿筋の負傷により練習に参加できてない、ケナン・コドロと入れ替わる形でふたたびスターティングメンバーに名を連ねることになるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報