ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月06日

マインツが次期会長選挙の候補者5名を公示

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1月21日に行われる臨時総会に先駆けて、1.FSVマインツ05は次期会長選挙の候補者5名の名前を発表した。

同職については、長年会長を務めたハラルド・シュトルツ氏が秘密裏にクラブ側から利益を受けていた問題が発覚して退任。その後を受けたヨハネス・カルーザ氏については、クラブ内で孤立するなどこちらも問題が伝えられ最終的に辞任している。

候補者のうち4人は男性でシルビオ・アイタ氏(Kokinetics GmbH)ユルゲン・デーツ氏(ジャーナリスト)、エヴァ=マリア・フェダーヘン氏(法律家)、シュテファン・ホフマン氏(監督ライセンス保持者)、ギュンター・ノイザー氏(optikik社)。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報