ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月10日

マインツ、後半戦の巻き返しにむけ期待される二人のベテラン新戦力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日行われたボルシア・メンヒェングラードバッハとのテストマッチでは、「相手ゴールから25m手前までは良いプレーをみせていた」ものの、課題となっている決定力不足を再び露呈する形となったマインツ05。

しかし今冬にはすでにオフェンス陣のテコ入れをはかっており、この試合では欠場したアンソニー・ウジャーについて、サンドロ・シュヴァルツ監督は「得点へのクオリティをもった選手だ」と期待感を示した。特に前半戦でマインツは、数多くのチャンスを決めきれない場面が多く見受けられており、中国から復帰を果たしたベテランFWにはその改善が求められている。

さらに今冬に加入したもう一人の新戦力、ナイジェル・デ・ヨングについては、この試合の後半から出場。まだフィジカル面や戦術理解という面で不足しているところもみせたが、「シャープさとハードさ」と求めるなかで確かな存在感をみせていたことも確かだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報