ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月29日

先発出場の武藤、3戦連続ゴールはならず…マインツはレヴァークーゼンに完封負け

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第20節が28日に行われ、FW武藤嘉紀が所属するマインツはレヴァークーゼンと対戦した。武藤はこの試合でも先発に名を連ねている。

 試合が動いたのは48分。右サイドでパスを受けたレオン・ベイリーが、カットインからミドルシュートを放つ。狙い澄ましたシュートが鮮やかにゴールに突き刺さり、見事な個人技を見せたレヴァークーゼンが先制に成功する。

 先手を取ったレヴァークーゼンは、67分に相手を突き放す絶好のチャンスを得る。マインツのジュリオ・ドナーティがペナルティエリア内で相手選手を押さえ込んだとして、主審はPKを宣告。キッカーを任されたウェンデルが冷静に決め、レヴァークーゼンが追加点を手にした。

 武藤は得点を挙げられないまま、75分に交代でピッチを後にすることに。前節では2ゴールを記録するなど好調を維持していた武藤だったが、この試合では不発に終わって3試合連続ゴールを達成することはできなかった。

 試合はそのまま終了し、上位争いを演じているレヴァークーゼンが大きな勝ち点3を手にした。無得点に抑え込まれたマインツは、20日のシュトゥットガルト戦に続く連勝を飾ることはできなかった。

 マインツは次節、2月3日にバイエルンとホームで対戦する。

【スコア】
レヴァークーゼン 2-0 マインツ

【得点者】
1-0 48分 レオン・ベイリー(レヴァークーゼン)
2-0 68分 ウェンデル(レヴァークーゼン)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報