ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月12日

ヘルタ、トルナリガが臀部を打撲でマインツ戦に黄色信号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今週は金曜日にマインツ戦が控えるヘルタ・ベルリンだが、パル・ダルダイ監督はセンターバックの入れ替えを余儀なくされることになるかもしれない。週末に行われたレヴァークーゼン戦にて、ジョーダン・トリナリガが相手DFヘンリクスとの対人戦で臀部の打撲。

そのまま負傷交代を余儀なくされており、パル・ダルダイ監督は「今日みている分ではそこまで問題はなさそうだったが、しかしこの手の打撲はどうなるかわからないところがある。様子見だ。火曜日に軽くランニングをして水曜日に練習に復帰できれば」との見通しを語っている。

仮に欠場となった場合には、「ルスティが控えているよ」と明言。この試合でもトルナリガと入れ替わりで、ファビアン・ルステンベルガーが投入されている。本来はボランチを主戦場とする守備的選手ではあるのだが、カリム・レキクがマインツ戦でも引き続き負傷離脱が見込まれており、さらにラングカンプがブレーメンに移籍したことからもルステンベルガーがファーストオプションということになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報