ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月17日

マインツが11試合ぶりの完封勝利、暫定12位に浮上…武藤は途中出場

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第23節が16日に行われ、武藤嘉紀の所属するマインツが敵地でヘルタ・ベルリンと対戦した。武藤は7試合ぶりに先発を外れベンチスタートとなっている。

 試合は拮抗するが40分、チャンスを掴んだのはマインツだった。ジュリオ・ドナーティの縦パスをロビン・クアイソンがペナルティーエリア手前で受けると、巧みなコントロールで相手守備陣をかわし、右足でミドルシュート。ボールはゴール左隅に吸い込まれマインツが貴重な先制点を奪った。

 1-0で前半を折り返すと65分、自陣でボールを奪った流れからジャン・フィリップ・グバミンが相手DFライン裏にロングフィードを蹴り出すと、抜け出したのはクアイソン。冷静にGKとの1対1を制してゴールに流し込み、マインツはリードを2点に広げた。

 68分、2得点を挙げたクアイソンと交代で武藤が途中出場する。すると74分、武藤のスルーパスに抜け出したゲリット・ホルトマンがGKとの1対1を迎えるがこれは決められず。武藤のアシストとはならなかった。

 その後も武藤は前線で奮闘したがゴールは生まれず試合はそのまま2-0でマインツが11試合ぶりの完封勝利。4試合ぶりの白星で暫定12位に浮上し、入れ替え戦圏内を脱出した。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 0-2 マインツ

【得点者】
0-1 40分 ロビン・クアイソン(マインツ)
0-2 65分 ロビン・クアイソン(マインツ)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報