ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月02日

アドラー、大一番のハンブルク戦で復帰か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


金曜日には残留を争う17位ハンブルガーSVとの直接対決に臨むべく、敵地へと向かうマインツ05。しかしFWエミル・ベルグレンは風邪のために欠場が確定的となっており、さらにGKロビン・ツェントナーも大腿筋の打撲により出場が危ぶまれているところだ。そのためレネ・アドラーが、この大一番で先発復帰を果たすことになるかもしれない。

本来33才の元ドイツ代表GKについては、徐々に復帰を目指していく考えを抱いていたものの、ツェントナーが離脱したこと受けて「レネは全ての練習を参加しているし、体調面での問題はない。土曜日にいけることを期待している」とサンドロ・シュヴァルツ監督はコメント。

またベルグレンが欠場濃厚という事態により、FWの先発争いはクアイソン、武藤嘉紀、アンソニー・ウジャーによって展開されることに。シュヴァルツ監督は今回のハンブルク戦に向けて、「まさに戦いという言葉にふさわしい試合になることだろう」と予想。ハンブルクはミニキャンプを実施して臨んでくるが、「我々は決戦という言葉は使わない。だから特別な措置はとらないんだ」との考えを強調している。

それでも「順位表の状況についてはちゃんとりかいしている」とも。そのため選手たちには「パフォーマンスにプラスして気力を出して欲しい」と要求し、クレバーなプレーを心がけるように求めた。「私は選手たちに全幅の信頼をよせている」


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報