ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月06日

マインツ、今度はツェントナーが3週間の離脱へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マインツはGKロビン・ツェントナーが、これからしばらくの間離脱を余儀なくされることを発表した。同選手はホームで行われたヴォルフスブルク戦にて、左膝に強い炎症を抱える負傷をおっており、3週間は練習参加を見合わせていくとのこと。

今季バックアップとしてシーズンを迎えたツェントナーだが、レネ・アドラーの長期離脱に伴い、第10節にブンデス1部デビューを果たすと、ここまでリーグ戦15試合に出場。kicker採点3.2をマークシテいる。

ただ欠場により週末に行われたハンブルク戦では、負傷からの回復を果たしたそのアドラーの復帰に注目が集まっていたのだが、しかしながら同選手もまた病気により欠場。これにより20歳のフロリアン・ミュラーが、残留を争う大一番において先発でブンデスリーガデビューを果たした。

そこでミュラーは、コスティッチのPKという場面で起死回生の好セービングでピンチを救うと、今節のMVPに選出される見事なパフォーマンスで数的不利の中ゴールを死守し、価値ある勝ち点1の確保に大きく貢献している。

なおマインツは今節は金曜日に試合が控えており、相手は前節で2位浮上を果たした今季好調のシャルケ04。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報