ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月16日

ヨナス・レッスルがハダースフィールドへ完全移籍

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マインツは、現在プレミアリーグ15位につけるハダースフィールドに、ヨナス・レッスルが完全移籍で合意したことを発表した。29才のデンマーク人GKは、2016年夏にリヴァプールへと移籍したカリウスの後釜としてマインツから加入。

ミッティランで育成され、昨夏に仏1部EAギャンガンから加入した195cmのデンマーク代表は、開幕からブンデス27試合に出場したものの、しかし首脳陣の信頼を掴むには至らず、膝の負傷の間に若手フートに先発の座を譲ることになった。

そして昨夏にはマインツは元ドイツ代表レネ・アドラーを迎え入れたことから、レッスルは新天地としてハダースフィールドへとレンタル移籍することを決断した。そこでレッスルはここまでリーグ戦30試合に先発出場。

マインツでマネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は、今回の移籍にあたって「レッスルは力強いパフォーマンスをみせてプレミアのハダースフィールドで先発GKの座をつかんだ。この飛躍を我々も嬉しく思っているよ」とコメント。なお移籍に関する詳しい情報については、両クラブの取り決めにより明かされていない。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報