ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月21日

本戦メンバー争い最終章へ…武藤嘉紀、本田とのプレーに喜びも「負けたくない」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21日、キリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦(5月30日)に挑む日本代表が国内合宿をスタート。メディアの取材に応じた武藤嘉紀(マインツ)は、合宿初日から本戦メンバー入りへ、サバイバルを意識している。久しぶりに代表で時間を共にする本田圭佑について、「一緒にプレーできるのは嬉しい」としながらも、「負けたくない」と話した。

「本田選手は今年から気にかけてくれてましたし、一緒にまたこうしてプレーできるのは、本当に嬉しく思っています。でも、日本代表では彼ともポジションを争う可能性もあるので、『負けたくない』とも思います。ただ、代表で一緒に結果を出さないといけない。色々な話をして、ピッチ内外で仲を深められたら良いと思います」

 今季はブンデスリーガで自身最多の8ゴールを記録。その活躍が認められ、ロシア行きの権利を目の前まで手繰り寄せた。それでも、武藤に慢心は一切ない。

「まだ何かを成し遂げたわけではない。とにかく最後まで集中して、ワールドカップ行きのチケットを取って。それでもワールドカップで結果を残すために、それに満足せず、大舞台で活躍したいと思っています」

 ガーナ戦の翌31日に2018 FIFA ワールドカップ ロシア本戦メンバー23名が発表される予定となっている。




きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報