ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月30日

ドルトムント、マインツのアブドゥ・ディアロに関心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今シーズン、公式戦48試合で69失点を喫したドルトムントでは、先日には守備の要を長年務めてきたソクラテスが、アーセナル移籍を決断したことが伝えられたばかりだが、おそらくは移籍するであろうその穴埋めとして、マインツのアブドゥ・ディアロをリストアップしているようだ。しかしながら関心を示しているクラブは他にもある模様。

昨夏にASモナコからマインツへと加入した、先日22才になったばかりのフランスU21代表センターバックは、今季はリーグ戦27試合に出場して2得点2アシストをマーク。身長は188cm、利き足は左で、リーグ戦のほかドイツの国内カップ戦DFB杯にも3試合で出場している。

移籍金額については2500万ユーロとみられているところだが、しかしながらマインツでマネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は、2週間前に「わずか1年で手放すようなことはしたくはない」と、売却に対して否定的な考えを示した。

その一方でマインツにとってみても、先日ナイジェリア代表レオン・バログンがプレミア挑戦を決断しており、その穴埋めに迫られている状況。そこでライプツィヒのベルナルドの名前が浮上しているのだが、シュレーダー氏は「いろいろと名前が出てきて面白いのだが、確かにその選手の名前は知っているけれども、しかしながら話し合いは行なっていないよ」とコメント。

だがその状況が変わる可能性はあるだろう。なおベルナルドの移籍金額については、600万ユーロとも見られている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報