ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月08日

マインツがムサ・ニャカテ獲得、2023年までの契約を締結

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



ピア・カンディ獲得を発表したその翌日、1.FSVマインツ05は、さらにムサ・ニャカテ獲得も発表した。22才のフランス人DFは仏2部FCメッツにて主力を務めており、昨季は公式戦38試合に出場。マインツとは5年契約を結んでいる。

「ムサ・ニャカテは、彼がフランスのユースチームでプレーしていた時から、長い間注目していた選手だ。素晴らしい育成をうけた選手であり、アブドゥ・ディアロと共に、U21代表でプレーしていたよ。センターバックでもサイドバックでもプレーが可能。志が高く、性格も良い。チームにすぐ慣れるだろうし、ブンデスリーガーの道をこのまま突き進んでいくと確信している」と、マネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は評価を述べた。

一方のニャカテは「サンドロ・シュヴァルツ監督、そしてルーヴェン・シュレーダー氏との間で行われた話し合いでは、納得できるマインツが持つプロジェクトを示してもらった。ここで成長したいと思うし、それと同時にチームの助けにもなりたい。チームやファナチが良いシーズンを過ごせるように」と意気込みを見せている。

これまでマインツは4人の新戦力を迎え入れており、最近ではグラナダCFからMFピア・カンディ、昨季まで2部だったカイザースラウテルンからSBフィリップ・ムウェネ、仏2部ル・アーヴルACからFWジャン=フィリッペ・マテタ。

それに加えレンタル移籍からガエタン・ブスマン(フライブルク)、ベサル・ハリミ(ブロンビュIF)、ヤニク・フート(スパルタ・ロッテルダム)、アーロン・セイデル(キール)、ホセ・ロドリゲス(マカビ・テル・アビブ)、デヴァンテ・パーカー(SKNザンクト・ペルテン)らが復帰する。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報