ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月05日

マインツ、クラブ史上最高額でアーロン・カリコル獲得へ

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FSVマインツ05がRCDエスパニョールから、アーロン・カリコル獲得間近にまで迫っている。これはマインツでマネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏が明かしたもので、「ここのところ具体的な話を続け、本日にもマインツに到着し、明日詳細をつめてメディカルチェックを受ける予定だ」と述べている。

 21才の左サイドバックは、RCDエスパニョールとの契約を2022年まで残しており、その契約には移籍金4000万ユーロで移籍可能となる例外条項が含まれているものの、スペインのメディアが伝えたところでは今回の移籍金額は1000万ユーロ。これは先日リヨンから獲得したマテタに投じた800万ユーロを上回る、クラブ史上最高額での買取金額ということになる。

 2005年からRCDエスパニョールに在籍する同選手は、これまでリーグ戦62試合でプレーしており、昨季はスペイン1部32試合に出場、うち31試合で先発出場していた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報