ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月06日

グアルディオラ監督「新しいチャレンジが欲しかった」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pepi800-1451999865


火曜日に行われた約40分間の会見で、ペップ・グアルディオラ監督は「延長しなかった唯一の理由は非常にシンプルだ。プレミアで監督をしたかったということ。3年間新しいチャレンジをしたいと思ったんだ」とコメント。ただし行き先について特に口にすることはなかった。


しかしその一方でバイエルンで指揮官を務めていることには喜びを感じており「このような選手たちを指導することはこれまでも、そして現在も夢の1つだよ」と述べている。


ただ在任期間で手にすることができておらず、指揮官は「チャンピオンズリーグは制覇したいさ。簡単なことではないがね」との見方を示し、また過去3シーズンの前半戦51試合で3試合しか敗れなかったことについては「キャリアで経験したことのない最高のもの」と語った。


なお後任となるアチェロッティ氏については「完璧だ。豊富な経験を持った知的な監督であり人間だよ」と評価、移籍後のバイエルンからの引き抜きについて問われると「リスペクトが大きすぎてできないよ。ティアゴをバルサから獲得したのは、彼が出場機会を得られていなかったからだしね」との考えを見せている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報