ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

公式ソース:Bayern München |  2016年01月11日

バイエルン公式:10月10日分

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レヴァンドフスキ、ポーランドの年間最優秀スポーツ選手賞受賞


FCバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキが、母国ポーランドで年間最優秀スポーツ選手賞に選ばれた。サッカー選手がこの賞を受賞するのは、ポーランドでは33年ぶりの出来事となる。レヴァンドフスキはカタールキャンプで、「僕にとって、とてもとても大きな意味を持つ賞だ。非常に嬉しい」と述べ、「僕はチームスポーツの選手。つまり、バイエルンと代表のチーム全体が、非常に良いプレーをしたという意味でもある」と、チームメイトにも感謝の意を示した

公式ページへ »






キャンプでプロの空気を吸う5名の若手


キャンプ地がシュヴァルツヴァルトだろうがガルダ湖だろうが、はたまたここ数年通っているドーハだろうが、FCバイエルンがキャンプ入りするときは、必ずユースから数名の若手がトップチームに同行する。今年も例外ではなく、ミロス・パントヴィッチ(19歳)、二クラス・ドルシュ、ファビアン・ベンコ、マルコ・フリードル(全員17歳)、そしてまだ15歳のGKクリスティアン・フルフトルが一緒にドーハへと飛んだ。

公式ページへ »





ロッベン、アラバ、ウルライヒが全体練習に合流

FCバイエルンのドーハキャンプも5日目を迎え、『アスパイア・アカデミー』のピッチもかなり混みあってきている。と言うのも、アリエン・ロッベン、ダヴィド・アラバ、スヴェン・ウルライヒが日曜日午前、キャンプ中初めてチームの全体練習に参加したのだ。それも最初から最後まで。ペップ・グアルディオラ監督は、これでようやく26名の選手を起用できるようになる。

公式ページへ »


  • ブンデスリーガ・各チーム情報