ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月12日

ミュラー「メッシらとは別のタイプ」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

muellerthomas8-1452519104

バイエルンのユースで育ち、チャンピオンズリーグ、ワードルカップ優勝を経験したトーマス・ミュラー。先日2021年まで契約を延長したドイツ代表が語る・・・

… 延長について

ここはただの職場以上の場所だ。ここ数年でみる環境、インフラ、歴史、プレーの文化は刺激的であり、決してどの街ででも感じられるようなものじゃない。これはクラブと僕との密接さを示す1つのシグナルだ。とても居心地よく感じているよ。クラブと僕はともに大きな目標を目指し、そして両者ともにそれをつかむことができると考えている。

… 国内外で高い知名度

ワールドカップも影響したね。世界の頂点に立てば、特に海外では別のポジションを得るものだ。僕はとてもリラックスして取り組んでいるし、責任を背負おうとも思っている。

… 将来はバイルンの主将に?

その役割については、数年というスパンで僕も考えているところだ。ただいつかそれを身につける日が来ようが来まいが、それは構わない。キャプテンマークの有無で人間性が変わるタイプではないんでね。

… バロンドール最終選考から外れた

候補に入るタイプではないと思うよ。あれは個人の力を表するものだ。僕はむしろチームの中の一人、たまに個人の力で何かを作れることがある。僕のプレーはメッシ、ネイマール、ロナウドらと比較できるものではないよ。






グアルディオラ「まだCL制覇の用意はない」


FC Bayern Muenchen - Doha Training Camp Day 6

ドーハでのトレーニングキャンプも間もなく終わりを迎えるバイエルン・ミュンヘン。ペップ・グアルディオラ監督はここまでについて「完璧だった。選手たちはとても良くトレーニングしていたよ。アラバとロッベンは復帰しているしね」と振り返った。


ドーハでは改めて退任について語った同氏。選手たちには出発前に説明していたとのことで、「今はサッカーの話しかしていない」とコメント。残りの戦いに向けて「ベストの結果が残せるよう、最後の1秒まで戦い続けるよ」と意気込みを見せている。


その中の大きな目標となるのがチャンピオンズリーグということになるが、グアルディオラ監督は「まだ我々はCLを制覇できるところまで来ていない。まだ細かい部分で改善していかないと」と指摘。その例として「失点が挙げられる。集中とコントロールを失い、安定感がなくなっているんだ」と説明した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報