ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月06日

苛立ちを見せるグアルディオラ監督

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pep800-1454672379


マンチェスター・シティについて問われたグアルディオラ監督は「そのことについて話す気にならないな」とコメント、「私は女性のように、二つの状況をうまくコントロールできる人間だよ」と述べた。


「世界中でいえることだが、監督というのはリスペクトされないものだね」


なお今節対戦するレバークーゼンについては、「ドイツでベストのクラブの1つ」と評価。


また今冬獲得んセルダー・タスキについては「いい獲得だよ。助けとなるだろうね」とのべ、また最近ピッチ外で話題となっているビダルについては「とてもいい練習ができている。準備はできているよ」と語った。


一方でバイエルンは、先日退団が発表されたミヒャエル・タルナト氏とユルゲン・ユング氏の後任として、ペーター・ヴェニンガー氏とティモン・パウルズ氏の就任を発表。さらにU16監督兼SDとして、ハイコ・フォーゲル氏を招聘したことも明らかにしている。