Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月04日

ドイツ誌kicker:ドルトムントvsバイエルン〜両チーム番記者の解説と先発予想

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1457015090

ブンデスの頂上決戦が再び!ブンデス史上初となるリーグ4連覇に向けた大きな前進を目指して、バイエルン・ミュンヘンは敵地で2位ボルシア・ドルトムントとの直接対決に挑む。過去2年間のアウェイ戦では、3−0、1−0と勝利を収めているが、もちろん土曜日の試合では過去のデータは関係ない。番記者のフランク・リンケシュが、バイエルン・ミュンヘンの今の状態について解説する。


チーム全体

状態としては、下降線をたどっている。今年はじめのバイエルンは、軽快なプレーで相手を凌駕するというよりも、精力的なプレーで勝利を掴み取るという印象で勝利を収めてきた。アウェイ戦という点でみれば、アウグスブルク戦、そして不安定なところもあったがヴォルフスブルク戦でも勝利。CLユベントス戦では、開始60分までは今年ベストのパフォーマンスを見せている。これまでの傾向から見えるポイントは2つだ。まず1つは、チャンスをうまく活かせず、以前のように3〜5点をとっての快勝が減っているということ。そしてもう1つは、ユベントス戦や先日のマインツ戦の時のように、ボアテングの不在の影響を感じさせる失点を喫していることである。


状態が上がっている選手

ロベルト・レヴァンドフスキ

後半戦だけで8得点を挙げており、今もっとも確実に得点を決めてくれる選手。得点力にさらに磨きがかかっており、以前よりも少ないチャンスでものにしている。またコンビネーションにも長け、止めるのが本当に困難な選手だ。なお古巣ドルトムントとは通算3度対戦して、これまで4得点をマークしている。


トーマス・ミュラー

後半戦で3得点。ユベントス戦、そしてダルムシュタット戦では見事なゴールで2得点を挙げており、信頼の置ける選手だ。チームにとっての彼の重要性は、グアルディオラ監督も高く評価しているところであり、レヴァンドフスキとミュラーとのFWコンビは欧州最強。この二人を止めることはほぼ不可能だといえる。ただ先日のマインツ戦ではベンチスタートとなっており、その際にはバイエルンはあまり良いパフォーマンスを見せられなかった。


フランク・リベリ:筋束断裂からの長期離脱から復帰を果たし、2試合の途中出場で2アシストをマークするなど、ジョーカーとして新たな風を吹き込んでいるリベリ。その一方で先発復帰も目指しており、マインツ戦ではフル出場を果たした。


アルトゥーロ・ビダル:この半年間は、決してそこまで悪くはなかったのだが、しかし期待があまりに高く、それに対しては応えきれていない。ユベントス戦で活躍したボランチは、この試合でも1つのオプションとなることだろう。


アリエン・ロッベン:ユベントス戦、そしてマインツ戦でも得点を挙げたオランダ代表。徐々にエンジンがかかってきたようだ。ただマインツ戦では、少々強引に行き過ぎているところも見受けられてはいたのだが。


そこまで状態が上がっていない選手


ダグラス・コスタ:前半戦は本当に素晴らしい状態にあったコスタ。その類稀れなスピードで、一気に相手を置き去りにしてしまう同選手だが、しかし中に入れるパスにやや難があり、今年はいまだ無得点。マインツ戦では途中から投入されるも、kicker採点4という結果に終わっている。


シャビ・アロンソ:状態は決して悪くはないのだが、しかし出場が確実といえるところにはいない。出場停止だったアウグスブルク戦後、つづくダルムシュタット戦では終了10分前に投入され、さらにユベントス戦では再び欠場となった。時折息を飲むようなパスを披露するスペイン人MFではあるのだが、しかしアグレッシブにマークされたり、早めに仕掛けられた時に問題を抱えることも。ただ先日のマインツ戦ではメンバー外となったが、ドルトムント戦では復帰するだろう。


ティアゴ・アルカンタラ:調子のアップダウンがあるテクニシャンは、素晴らしい時間帯もあれば、存在が消えてしまう時間帯もある。例えばCLユベントス戦では、60分までは中盤で見事なプレーを見せていたものの、しかし結果を残すまでには至っていない。期待が大きい選手ではあるのだが、ただ現状はアロンソと同様に、必ず起用されるという立場にはないだろう。先日のマインツ戦では、すこし真摯さに欠ける場面が見受けられた。


フアン・ベルナト:怪我からの復調、そしてライバルのアラバがCBでプレーしていることにより、再び出場の機会を得たスペイン人SB。だがアラバよりもオフェンス面での明確なアクション、そしてディフェンス面での安定感についても、まだ物足りなさがある。




先発予想

ノイアー – ラーム, キミヒ, アラバ, フアン・ベルナト – シャビ・アロンソ – ロッベン, T. ミュラー, ティアゴ, ダグラス・コスタ – レヴァンドフスキ



ドルトムントの先発予想と番記者の解説へ>>


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker