Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月14日

ペップの贅沢な悩みとユベントス戦先発予想

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pep8-1457870540

土曜日の試合ではアリエン・ロッベンと、今冬加入のセルダー・タスキが観客席で試合を観戦したバイエルン・ミュンヘン。


さらにこの試合ではダグラス・コスタやアルトゥーロ・ビダルも欠場、ロベルト・レヴァンドフスキは後半74分より途中から出場し、水曜日に行われるユベントス戦に向けて体力を温存させた。


一方で代わりに出場したのは、ドルトムント戦で欠場したキングスレイ・コマン。ラーム、アロンソ、ティアゴもこれまで同様の形で起用されており、長期離脱あけのリベリとゲッツェに関しては、徐々に負荷をかけていく方針。


ただしノイアーとアラバに関しては、代えのきかない選手となっている。


またマルティネスの復帰も迫っており、定位置争いが激しくなればなるほど、選手達のアピールに対する緊張感が増すことも、体力の温存と同時にこの贅沢な悩みがもつメリットとしてあげられるだろう。


果たしてユベントス戦でチャンスをつかむのは、いったいどの選手だろうか?





試合前コメント

主将:フィリップ・ラーム

ユベントスはとても危険なチームだ。ディフェンス力があり、相手もミスを待ち構えてくる。とにかくチームとしてのクオリティが高いチームだよ。僕たちはうまく対応しなくてはならない。熱い戦いになるだろう、これこそチャンピオンズリーグの醍醐味というものだ。彼らはとても落ち着きを持ったチームだし、0−0の状況が長く続いても、それを失うことはないだろう。ただ僕たちはあらゆる準備をしているし、策はすでにある。でも自分たちのスタイルを変えるようなことはしないよ。チームとしてオフェンシブにいく。




kicker誌による先発予想

バイエルン

ノイアー – ラーム, キミヒ, ベナティア, アラバ – ビダル – ロッベン, ミュラー, ティアゴ, ダグラス・コスタ – レヴァンドフスキ


ユベントス

ブッフォン – バルザーリ, ボヌッチ, キエッリーニ – ケディラ, マルキージオ, ポグバ – クアルダード, アレックス・サンドロ – ディバラ – マンジュキッチ

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker