ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月19日

三冠をめぐる議論に終止符

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


v li Uli HOENESS Höness Ex Praesident Bayern Muenchen mit Matthias SAMMER Sportdirektor Bayern Mu

三冠をめぐる議論に終止符が打たれた。マティアス・ザマーSDは金曜、ウリ・ヘーネス前会長との間で「まったく意見が合致している」ことを改めて強調している。


ヘーネス前会長とは電話では話をしたとのことで、「そのテーマは済んだことだよ。ちょっとエキサイトしたところもあったんだと思う。ただ我々の関係はとても良好なものだ」とコメント。「ヘーネス氏は常にそれぞれ置かれた立場から素晴らしいことをやってきた人物だし、素晴らしい人間性を持っている。彼とは素晴らしい繋がりがあるよ。」と言葉を続けた。



ヘーネス氏は最近、ペップ・グアルディオラ氏が三冠獲得を切望しているだろうと発言。だがその一方でザマーSDは、あくまでブンデス史上初のリーグ4連覇が大きな目標とした上で「三冠を獲得するべきなんて馬鹿げているよ。それ以上のことも、それ以下のこともない」と水曜日に話していた。




カール=ハインツ・ルメニゲCEOは「ちょっとした理解の不一致があったようだね」とユベントス戦後に語り、「それはあまりにも珍しいことなんだから」との見方を示している。