Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月29日

ノイアーが胃の不調を訴え、代表から離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

26 Maerz 2016 Berlin Olympiastadion Fussball Testspiel Deutschland England Torwart Manuel Ne

ドイツ代表のトーマス・シュナイダーACは月曜、プレスカンファレンスにてGKマヌエル・ノイアーが、胃の不調を訴えて医療スタッフの判断により離脱したことを明らかにした。


なおドイツ代表にはアンドレ・テル=シュテーゲン(バルセロナ)、ベルント・レノ(レバークーゼン)、そしてケヴィン・トラップ(パリSG)と豊富なオプションを取り揃えている。


ロッベンとキミヒが引き続き練習不参加


イースター休暇最終日となった月曜、リーグ戦に向けて再び始動したバイエルン・ミュンヘンだが、そこには引き続きアリエン・ロッベンの姿がなかった。負傷した当初、3月16日にザマーSDは「数日間の離脱」との見通しを述べていたのだが、オラン大代表参加を見合わせた現在に至っても、いまだ練習参加を果たせずにいる。


同じく筋肉の問題で、U21代表参加を見合わせたジョシュア・キミヒを練習参加を見合わせており、さらに負傷により長期離脱中のジェローム・ボアテング(内転筋)とホルガー・バートシュトゥーバ(足首)、代表参加選手をのぞいた全9選手が、この日のトレーニングに励んだ。


なおその中には、スペイン代表ティアゴの姿も見られており、多くの代表選手は木曜日に復帰する予定となっている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker