ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月30日

ノイアーの代役はテル=シュテーゲン、主将はミュラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ter8-1459263819

ミュンヘンで行われるイタリア代表とのテストマッチを5時間前に控え、トーマス・シュナイダーACがドイツサッカー協会公式ページにて、マヌエル・ノイアーの代役としてマーク=アンドレ・テル=シュテーゲンがゴールを守ることを明かした。テル=シュテーゲンにとっては、通算5度目の代表戦出場ということになる。


マヌエル・ノイアーは胃の不調を訴え、医療スタッフらの判断により月曜午後には代表から離脱していた。代役候補としてはパリSGのケヴィン・トラップ、レバークーゼンのベルント・レノが控えていたものの、最終的にレーヴ代表監督はバルセロナのテル=シュテーゲンを選択している。


さらに負傷により離脱したバスティアン・シュヴァインシュタイガーの代役の主将は、トーマス・ミュラーが務めることもシュナイダー氏は明かした。「この任務を担える選手は何人かいるのだが、今日の試合ではホーム戦でミュラーに引っ張っていってもらうことにしたよ」


これまでシュヴァインシュタイガーの代役は、今回離脱したノイアーや、ケディラが務めていた。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報