Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月13日

原因はパスポート忘れ?…バイエルンDF、CLベンフィカ戦に帯同せず

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンは12日、翌日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグのベンフィカ戦の開催地であるリスボン(ポルトガル)へ向かう前、ミュンヘンでトレーニングを行った。負傷から復帰したフランス代表FWキングスレイ・コマンやモロッコ代表DFメディ・ベナティアらの姿もあり、両選手の遠征メンバー入りは確実と思われた。


しかし、リスボンに到着したバイエルン一行の中にベナティアの姿はなかった。ドイツ紙『ビルト』が13日に伝えたところによると、どうやら同選手はパスポートを忘れてしまったため、チームに帯同できなかった可能性が高いという。


ただし、同クラブのマルクス・ヘルヴィック広報部長は「(パスポートを忘れたためにリスボンに来なかったというのは)何から何まで間違っている」と、『ビルト』の報道を否定。当初からベナティアは遠征メンバーには含まれていなかったと主張している。


とはいえ、バイエルンは依然としてドイツ代表DFジェローム・ボアテング、同DFホルガー・バトシュトゥバーのセンターバック2選手を負傷で欠いている。同ポジションを本職とするベナティアは、ジョゼップ・グアルディオラ監督にとって貴重なオプションだったはずであり、同選手がミュンヘンに残ったということは、やはり『ビルト』の推測が正しいのかもしれない。


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker