Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月07日

グアルディオラ監督、CL敗退後の試合に「容易ではない」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pep8-1462534499

CL準決勝で敗退し、残るはリーグ戦でのアウェイ戦1試合、ホーム戦1試合、そしてベルリンでのポカール決勝となったバイエルン。


グアルディオラ監督は「最後の2試合というのは難しいものだ。多くのチームにとっては、あらゆることが懸かっているものだからね。」と語った。


しかし今節対戦するインゴルシュタットは、そのカテゴリーには含まれない。既に残留が確定し、またハーゼンヒュットル監督が来季よりライプツィヒの監督に就任することも発表された。


そのインゴルシュタットの印象について、グアルディオラ監督は「前回のミュンヘンでの試合では、彼らはとても存在感を見せていた。ただ空中戦に強い選手を置くだけではない。厄介な試合だよ。ただ我々は目標達成のために戦うさ。」と述べ、アトレチコ戦敗退直後ということもあり、気持ちの切り替えは「もちろん容易なことでは決してない。決勝にとにかく進みたかったかが、それが叶わなかったんだ。」としながらも、「今は頭を次の試合に早く切り替えること。勝ち点1、もしくは1勝をあげられれば優勝を果たせるのだから」と、ブンデス初の4連覇に向け前を向いた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker