ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月08日

バイエルンがブンデス史上初の4連覇達成…エース2発で通算26回目のリーグ優勝決める

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第33節が7日に行われ、インゴルシュタットとバイエルンが対戦した。


すでに残留が決まっている9位インゴルシュタットは今節が今シーズンのホーム最終節となるため、勝って締めくくりたいところ。対するバイエルンは、この試合に勝てば史上初のブンデスリーガ4連覇が決まる。前節のホームゲームを引き分けたことでドルトムントに勝ち点差「5」と迫られており、チャンピオンズリーグでもアトレティコ・マドリードに屈して決勝進出を逃すなどチーム状況は良好とは言えないが、ここでしっかり優勝を決めたいところだ。


試合が動いたのは15分。カウンターを仕掛けたバイエルンは、ハーフウェイライン付近からドリブルで持ち上がったドゥグラス・コスタが前線へスルーパスを通す。このパスでディフェンスラインの裏を取ったフランク・リベリーがエリア内でGKをかわすと、カバーに戻ったDFに足をかけられ転倒。主審はバイエルンにPKを与え、これをロベルト・レヴァンドフスキがゴール右下にきっちりと決めた。


先制したバイエルンは22分にも決定機を迎えた。スルーパスでディフェンスラインの裏に抜け出したD・コスタが完全にフリーの状態でエリア内に侵入しGKをかわす。しかしタッチが大きくなったところをDFにカットされてしまい大きなチャンスを逃した。


一方のインゴルシュタットは29分、モリッツ・ハートマンがダリオ・レスカノとのワンツーでエリア内左に抜け出し、右足でシュートを放ったが、ここはわずかにゴール左へ逸れた。するとバイエルンが追加点を挙げる。32分、高い位置でボールを奪うと、中央のシャビ・アロンソがエリア内右にスルーパス。これを受けたレヴァンドフスキが右足でゴール左隅にシュートを流し込んだ。


だが、ホームで意地を見せるインゴルシュタットも前半のうちに1点を返す。42分、ハートマンがエリア内でX・アロンソに倒されてPKを獲得。これを自らゴール中央に蹴り込み、1点差に詰め寄った。このまま2-1でハーフタイムを迎える。


後半に入り71分、インゴルシュタットはレスカノからスルーパスを受けたハートマンがエリア手前ゴール正面から右足でシュートを放つ。しかしここはわずかにゴール左に外れ、同点ゴールとはならない。


終盤もインゴルシュタットが主導権を握り攻め続けたが、結局最後まで同点ゴールを奪うには至らず、逃げ切ったバイエルンが2-1で勝利を収めた。この結果、1試合を残してバイエルンの通算26回目となるリーグ優勝が決定。ブンデスリーガ史上初の4連覇を達成した。


次節、インゴルシュタットは14日に敵地でレヴァークーゼンと、バイエルンは同日にホームで日本代表MF清武弘嗣、同DF酒井宏樹、同MF山口蛍所属のハノーファーと対戦する。


【スコア】
インゴルシュタット 1-2 バイエルン


【スコア】
0-1 15分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK)(バイエルン)
0-2 32分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
1-2 42分 モリッツ・ハートマン(PK)(インゴルシュタット)


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報