ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月13日

去就に注目集まるバイエルンMFゲッツェ、移籍先候補にユーヴェが浮上

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの移籍先にユヴェントスが浮上していると、ドイツ紙『ビルド』が12日に報じた。


同紙によると、今シーズンのブンデスリーガで13試合の出場に留まっているゲッツェは、古巣ドルトムントへの復帰の可能性が報じられる中、ユヴェントスも移籍先の一つに浮上しているという。さらには、ドルトムント時代の恩師ユルゲン・クロップ監督が指揮するリヴァプールも関心を示しているものと見られ、ユヴェントスがゲッツェを獲得することは容易ではないと予想される。


現在23歳のゲッツェは、2017年6月30日までバイエルンと契約を結んでおり、移籍金には3500万ユーロ(約43億円)が必要とされている。


king