Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月18日

同じ経験を持つノイアー「フメルスは普段通りプレーする」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

neuer8-1463494747

ユーロに向けたドイツ代表メンバーが発表された火曜午後、ミュンヘンでメディアの取材に応じたマヌエル・ノイアーは、週末に控えたポカール決勝ドルトムント戦を前に、ドルトムントで最も感銘を受ける選手について問われ、「フメルスだね」と笑顔を浮かべながら即答した。


「ドルトムントは一流のクラブ。どのポジションにもいい選手が揃っていてるね。過小評価できるところなんてない。どこでもクオリティが備わっているよ」


ノイアーにとって、シャルケ最終年となった2011年のポカール決勝以降、これで通算5度目の決勝進出だ。


今季のリーグ戦では、ホームで快勝、2戦目は無得点ドローという結果だが、「ドルトムントは手強い。ドイツの頂上決戦だよ。リーグ戦の結果は関係なく、この試合のことだけがものを言うんだ」との見方を示し、「GKというポジションでは、ミスが勝敗に直結しがちだ特別なプレッシャーがあるよ。ただこういう試合は好きだけどね」とコメント。


そのシャルケ時代での決勝では、今回対戦するフメルスと同様に退団が決まっていた当時の主将だが、その時について「確かに夏の移籍は頭の中にはあったけど、でも自分のチームに集中していたし、ベストを尽くした。僕の経験だと、周囲の雑音は大して影響しない。マッツも試合だけのことを考えていると思うね」との考えを述べ。「マッツは決勝でバイエルンのことを考えることなんてないさ。いつも通りに、全力を尽くしてくるだろう」と語った。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker