ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月03日

今季飛躍のキミヒ、右SBでドイツ代表先発も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

先日のスロヴァキア代表との代表デビュー戦では、精彩を欠き、最終23選手の中には含まれないのではともみられていたジョシュア・キミヒ。だが今季バイエルンでブレイクを果たした若手MFには、ルディが選外となったことでサイドバックで先発の可能性がでてきているところだ。





kicker: 正直なところ、キミヒ選手。精彩を欠いた代表デビュー戦後には、今回のユーロでの参加は厳しいと思われたのでは?


Joshua Kimmich: いや、全くそんなことはなかったね。1試合だけで判断されるものとは思わなかったし、むしろこの試合とシーズン、そして練習でのパフォーマンスを含めた総合的なものから判断されるんだ。


kicker: そして今は、右サイドバックの先発としてサプライズを演じることになるかもしれません。


Kimmich: 公開練習ではそこでプレーしているからね。でも代表ではCBとボランチで起用されているし、U20との練習試合でもMFで、右SBとしてプレーしたことはそんなにはなかったんだ。


kicker: 質問の仕方を変えて、右サイドバックが最も出場の機会があると思いますか?


Kimmich: ボランチにはとてもいい選手が揃っているのは見て取れるさ。それはCBでも言えることだよね。サイドバックに関しては、そこまでとは言えないかもしれないけど、でも僕ははじめてここにいるののだから、妙な期待はもたないよ。


kicker: それは理解できます。しかし期待感は誰しも抱くものでもあります。少なくとも希望という点では、どれくらいのスピードで膨れているのでしょうか?


Kimmich: ユーロで先発というものは全くもっていない。できるだけ多くの出場機会を得られるように、全力を尽くす。そのことに変わりはないよ。他のみんなも同じだろう。誰だってプレーしたいと願うものさ。


kicker: バイエルンの移籍からA代表でのチャンスをつかみました。若手の飛躍の例として模範的な形ですね。


Kimmich: バイエルンへの移籍は明らかに大きなことさ、それは僕にとっても例外ではなかったね。ただ自信を持ち続けて、意欲的にプレーし、全力を尽くすこと。僕はそれができたんだと思う。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報