ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月08日

ドイツ代表、レヴァークーゼンからターを追加招集へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

フランスでの練習初日に、アントニオ・リュディガーが右膝の前十字靭帯を断裂したことを受け、ヨアヒム・レーヴ代表監督はレヴァークーゼンから、ヨナタン・ターを追加招集する判断を下した。


昨夏にハンブルクからレヴァークーゼンに移籍した20歳のCBは、昨シーズンは2部デュッセルドルフでプレーしていたもののドイツ代表選出を果たすまでに飛躍。3月26日に行われたイングランドとのテストマッチで代表デビューを果たしている。


image

なお水曜日の練習では、今季ドルトムントでブレイクした若手ボランチのユリアン・ヴァイグル、そして同じくバイエルンで複数のポジションでプレーし代表の座をつかんだ若手ジョシュア・キミヒの姿もみられなかった。


ヴァイグルは筋肉系の問題を、キミヒは風邪をそれぞれ抱えているとのことで、ユーロ初戦のウクライナ戦までには問題はないようだ。