ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月13日

フメルス復調、ポーランド戦で復帰か

Germany
ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

ユーロ初戦ではジェローム・ボアテングとともにCBコンビを形成したシュコドラン・ムスタフィが、前半19分に先制ゴールを決めるなど活躍を披露したが、第2戦でのポーランド代表戦では、レーヴ代表監督はさらにオプションを手にすることになりそうだ。ポカール決勝バイエルン戦で筋損傷を抱えていたマッツ・フメルスが復活を宣言した。


本来ならばウクライナ代表戦では、フメルスの代役としてアントニオ・リュディガーの起用が予想されていたものの、エヴィアンでの最初の練習で前十字靭帯を断裂。離脱を余儀なくされることとなった。


そこでレーヴ代表監督は、レヴァークーゼンからヨナタン・ターを追加招集。そしてウクライナ代表戦ではシュコドラン・ムスタフィを先発起用している。


しかし木曜の日本時間28時から行われるポーランド代表戦ではフメルス復帰の可能性もあり、試合後フメルスは「うまくつかめたと思うし、日々無駄にすることなくしっかりと取り組んできたよ」とコメント。あとはレーヴ代表監督の判断に委ねられることとなった。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報