ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月14日

シュヴァインシュタイガーのゴールを喜ぶノイアー

Germany
ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

主将としてユーロ初戦を戦ったマヌエル・ノイアー。再三のピンチを見事に守り、チームをささえたドイツの守護神は、本来の主将シュヴァインシュタイガーのゴールに特に喜びを示した。





GK:マヌエル・ノイアー


…ウクライナ戦について

とにかく結果だ。2ー0で初戦を終えられたということは、僕たちにとってはとてもいいことだよ。ポジティブなところはあるけれど、ただもっとよくできるというところもあるよね。


…前半の守備について

セットプレーを与えてしまっていた数が多すぎた。ただ僕たちはそのディフェンスのなかで、しっかりと存在感をみせてフリーキックをうまく防いでいたと思う。最近はセットプレーは疑問視する声があがっていたからね、いい答えを見せられたさ。十分な規律が見て取れたよ。


…自身も好セーブを披露

ウクライナには多くのチャンスをつかんでいたし、十分に渡り合えていなかった。失点する可能性はあったよ。それを持ちこたえられたのは良かった。後半ではよくなっていたし、よりキープできて、落ち着いたしっかりとした戦いを見せることができていた。


…終盤で投入されたシュヴァインシュタイガーがスプリントしてゴール、その後にさらにスプリントして喜びを見せた

状態の良さが見て取れたね。たぶん監督にもっとできるってアピールしたかったんじゃないかな(笑


…木曜のポーランド戦について

予選で2回対戦しているからよくわかっている。ワールドクラスのFWがいるとても危険なチームだ。さらにピシュチェクのようにいいセンタリングを供給する選手や、ブラスチコフスキのようにうまくプレッシャーをかけてくる選手、さらにはミリクのように得点の嗅覚に優れた選手もいる。僕たちとしてはポーランドにプレッシャーをかけていくということだ。彼らも守備に問題を抱えている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報