ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月28日

ボアテング「土曜までに十分な時間がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

世界を代表するCBジェローム・ボアテングが語る、今大会でドイツ代表が見せているディフェンスと、スロヴァキア戦で63試合目でマークした代表初得点について。





kicker: ボアテング選手、代表初得点おめでとうございます。


Jerome Boateng: ありがとう。トーナメントでできるんじゃないか、とは話していただろう?


kicker: 蹴ったときに決まるという手応えは?


Boateng: 良い感じで蹴れたという感覚はあった。ちょっと運にも恵まれたけどね。この得点についても、そして僕たちが良い試合ができたということについても嬉しく思っているよ。良い形で試合に入れたし、プレッシャーをかけていけた。そして僕のゴールで助けになることができたね。


kicker: 今大会ではここまで4試合で無失点です。


Boateng: 重要なことは、僕たちがチーム全体で取り組んでいるということ。前線のFWから行っていることなんだ。マリオ・ゴメスがオフェンス面でもディフェンス面でとてもうまく取り組んでいるよ。 そのおかげで、後ろはやりやすくなるんだ。


kicker: 次の相手はイタリアとスペイン、どちらを希望?


Boateng: どちらも構わないさ。どちらも異なるけれど、とても大きなクオリティをもったチーム。ベスト8は難しいものだよ。


kicker: スペインがイタリアよりも上回っているポイントは?


Boateng: スペインはテクニック面では今大会最高だ。キープ力がとてもあるよ。僕たちがプレスを仕掛けていくことになるのかはわからないね。 スペインはとてもキープ力があり、長年作り上げてきたもので、僕たちのようにガマンしてチャンスを待ち、良いポジションプレーもある。


kicker: イタリアは?


Boateng: とにかく戦術理解度に長けている。センチメートル単位で距離感を合わせてくるし、チーム全体で取り組み、針の穴を通すようなオフェンス力をもっているよ。


kicker: ドイツは強豪チームを相手に戦う準備ができているのでしょうか?


Boateng: そうだね、スロバキア人代表戦で自身を蓄積したよ。とても良い状態だし、次の試合でもしっかりとプレーしていかないといけない。


kicker: 雰囲気はブラジル人ワールドカップに近い?


Boateng: 二つの大会を比較することは難しいさ。ユーロではグループリーグ戦でそこまで良い戦いをみせたチームがあったわけではなかったけど、トーナメントでは違う。チームとして僕たちは一丸となって取り組めたし、精力的な動きをみせることができた。とてもうまくできたよ、とくにオフェンスでね。


kicker: 左ウィングでは、ドラクスラーが答えということに?


Boateng: それを決めるのは監督さ。ただユリアンはスロバキア戦で素晴らしいプレーをみせた。ほとんどすべての危険な場面で顔をみせていたし、チームを活性化させていたね。


kicker: この先発をこれからも続けていくでしょうか?


Boateng: それは難しいね。相手や監督のプランによるところもあるから。僕たちには異なるタイプの選手が控えている。マリオ・ゲッツェはここまで良いプレーを見せているよ。とても精力的だ。フィニッシュの部分ではちょっとアンラッキーなところがあるけれど。スロヴァキア戦ではドラクスラーが良い感じだったね。とても良いプレーをみせていたよ。


kicker: ゴメスは、真のCFの必要性を示したと思いますか?


Boateng: そうだね、マリオは生粋の点取り屋だ。良いポジショニングをしていたし、しっかりとタスクをこなしていたよ。


kicker: そしてマヌエル・ノイアーは、前半終了間際で危険な場面をすくってくれました。


Boateng: あれは誰にでもできるプレーではなかったね。あれこそマヌだ。


kicker: 今大会は、このまま無失点に抑えられると思いますか?


Boateng: まず無失点を目指すものだし、ここまではうまくいっているね。ただこれからさらに危険なチームとの対戦が控えているよ。


kicker: ふくらはぎの状態はいかがですか?


Boateng: とても良い感じだ。完璧ではまだないけどね。ただ土曜日までは十分に時間があるよ。