ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月03日

レアルとのテストマッチに臨むアンチェロッティ監督

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Audi Summer Tour USA 2016 - Day 9

11日間に渡った米国ツアーもいよいよ終盤を迎え、今回の目玉であるレアル・マドリードとのテストマッチを残すのみとなった。「素晴らしい組織運営だったし、スタジアムもよく、たくさんのファンも訪れてくれた。選手達も素晴らしい仕事をしてくれたよ。コンディションは上がっているし嬉しいね」


そう満足感を示したカルロ・アンチェロッティ監督は、2年間指揮した古巣との対戦を前に「もちろん特別な事だよ、マドリードではすばらしい思い出があるし、友人たちとの再会は楽しみだ」とコメント、現在指揮を執るジダン氏については「選手として指導したし、アシスタントも務めてくれた。彼はレアルで成功を収める条件を兼ね備えた人物だ。経験、そして何よりもカリスマ性という点でね」と述べ成功を願った。「ただ国際舞台よりはスペイン国内でね」


バイエルンについては「レアルもバイエルンも偉大なクラブだ」と語り、新天地では「まず新しい経験を培っていく事、文化を知っていくこと。まず最初の目標となるのは、選手と良好な関係を構築することだ。特徴を知ることだよ。アイデアを実践していくためはね」と説明。「グアルディオラ監督はいい仕事をしていたので、特に大改革を行う必要なんてないんだよ」とも付け加えている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報