Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月08日

ヘーネス前会長が、11月の会長選に立候補

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1469524710

バイエルン・ミュンヘンは月曜、ウリ・ヘーネス前会長が、11月の定例会で行われる次期会長選挙に向けて、立候補することを発表した。kickerが得た情報によればさらに、相談役会会長にも復職する意思を持っている模様。


ヘーネス氏が脱税により退任して以降、ここまで会長職を務めてきたカール・ホプフナー氏は、バイエルンの発表によれば、ヘーネス氏との「いい話し合い」の結果、立候補しないことを決断。


以前よりホプフナー氏は、ヘーネス氏に復職の意欲があれば場所を空ける考えを示しており、さらにルメニゲCEOも「ウェルカムだ」と復帰を歓迎する意向を示している。


なおヘーネス氏は服役中、反自由拘禁囚としてバイエルンのユースチームに従事。最近ではサッカーの他、バスケットボールの試合にも姿を見せていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker