ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月27日

開幕スタメンで完封に貢献 フンメルス、「喜びを体現できた」と手応え

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第1節が26日に行われ、バイエルンとブレーメンが対戦。前人未到の5連覇を目指すバイエルンが6-0と圧勝し、幸先の良いスタートを切った。


ドルトムントから古巣バイエルンへ復帰し、開幕戦の先発メンバーに名を連ねたドイツ代表DFマッツ・フンメルス。フル出場で完封に貢献し、試合後に勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。


バイエルンは開始9分に先制し、13分に追加点。立ち上がりの2ゴールで試合を優位に進めた。フンメルスは「自分たちがボールを持っていた時、サッカーをする喜びを体現できた。前半は少し緊張が途切れた時間帯もあったけど、その時間以外はしっかりと集中できていたね」と話し、以下のように続けた。


「個人のクオリティーの高さで圧倒していたと思うよ。最初から最後まで、自分たちが試合をコントロールしていた」


まさに盤石の強さを見せつけ、5連覇へ向けて好発進となったバイエルン。次節は9月9日、DF内田篤人のシャルケとアウェーで対戦する。



きんg


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報