Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月27日

アンチェロッティ監督、ペップ時代の功績を称賛「あまり変えないつもり」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンは26日に行われたブンデスリーガ第1節で、ブレーメンに6ー0と大勝した。試合後のカルロ・アンチェロッティ監督のコメントを、アメリカメディア『ESPN』が伝えている。


ホームスタジアムでリーグ戦の幕開けを迎えたバイエルンは、前半にスペイン代表MFシャビ・アロンソの素晴らしいボレーシュートで先制。その後はポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのハットトリックなどでゴールを量産し、アンチェロッティ監督下最初のリーグ戦を6ー0の完封勝利で飾った。


試合後、アンチェロッティ監督は「前にも言ったことだが、グアルディオラの時代からこのチームはとても質が高かった。とくにコントロールする力とポゼッションにおいてはね」と前指揮官がもたらしたものが今もチームに根付いていることを強調し、「縦への意識を強くしたいとは思っているけど、あまり変えないつもりだよ」と、受け継ぎつつ若干の修正を加える方針を示した。


具体的なゲームの内容に関しては「運良く早い時間に点が取れて、試合をコントロールできたのは嬉しかったね。それでも常に、改善点は存在するものなんだ。今日はよくプレーしていたけど、毎日精進しなければならない」と満足感を示しつつ、気を引き締めていた。


バイエルンは次戦、9月9日にブンデスリーガ第2節でシャルケとのアウェーゲームに臨む。



きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker