ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月10日

グアルディオラ前監督を、ヘーネス元会長が擁護

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hoeness800-1473421489
人間味のあるカルロ・アンチェロッティと、クールなペップ・グアルディオラ。多くのバイエルンのファンは、今回の監督交代についてそのような目で見ていることだろう。しかしウリ・ヘーネス元会長はこの考えには同調しておらず、元指揮官に対する論調に異議を唱えている。

「カルロ・アンチェロッティは素晴らしい人間であり、非常に成功を収めてきた監督だ。バイエルン・ミュンヘンに非常にマッチしているよ。彼とともに、これから多くの喜びを味わっていくことだろう」とTV局スカイに対して語った同氏は、その一方で「私が気に食わないのは世間、とくにメディアによる、ペップ・グアルディオラに対するネガティブな論調だよ」とコメント。

さらに「ペップ・グアルディオラは、ミュンヘンで素晴らしい仕事をしてくれた。リーグ3連覇を達成し、2度の国内カップを制してくれたのだ」と強調した上で、「そしてクラブとは円満に別れた。だからバッド・ガイとグッド・ガイという、ドイツでの比較については非常に不愉快に感じているよ」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報