ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月12日

バイエルンに朗報 ロッベン&ボアテングが全体練習に復帰、CL初戦は欠場か

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンは11日、公式HPで選手たちの近況を報告。オランダ代表FWアリエン・ロッベンとドイツ代表DFジェローム・ボアテングが全体練習に復帰したことを発表した。また、フランス代表MFキングスレイ・コマンの様子も伝えている。

75 75件のリツイート 461 いいね461件
ロッベンは7月16日に行われたプレシーズン初戦のリップシュタット(ドイツ5部)戦で、約4カ月ぶりに実戦復帰を果たした。しかし、わずか35分後に再び内転筋を負傷。約6週間の離脱を強いられる悲劇に見舞われた。

ボアテングは、7月に行われたユーロ2016準決勝フランス代表との一戦で大腿筋を負傷。離脱期間は明らかにされなかったが、ブンデスリーガ開幕には間に合わなかった。

そしてコマンは8月17日のトレーニング中に左足首の関節包じん帯を負傷。クラブの公式HPは復帰時期について明かしていなかったが、シーズン序盤戦を欠場することは確実と伝えていた。

今回の発表によると、ロッベンとボアテングに関しては約30分間のウォーミングアップとパス練習をチームメイトとこなし、その後は個々の基礎メニューに戻った。13日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節、ホームでのロストフ戦には間に合わないと見られている。

また、コマンについては最後まで全体練習をこなし、ロストフ戦のメンバーに入る可能性もあるようだ。しかしながら、最終的な決断は試合当日になされるという。


きんg