ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月15日

バイエルンが民族衣装に身を包んで写真撮影

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image_slshow_imartikel_0_1
昨日にチャンピオンズリーグGLロストフ戦で勝利を収め、今季の公式戦5試合で得失点差20、5連勝を飾ったバイエルン・ミュンヘンは、水曜日にスポンサーであるパウラーナー社の広告撮影にバイエルンの伝統衣装に身を包んで臨んでいる。

今回特に注目を集めたのが、。この10日の間で、代表初ゴール、ブンデス初ゴール、そしてチャンピオンズリーグでも立て続けに初ゴールを挙げた若手ジョシュア・キミヒだ。「これまで僕は、年間でも3・4点しかとっていなかったんだ。それがいきないそこできたんだからね」

その一方で、ロストフ戦では休養となった主将のラームは、新加入のレナト・サンチェスやアンチェロッティ監督に目をやりながら、主将のラームは「なかなかいいでしょう?」とウィンクをしながらコメント。

またもう一人の新加入選手、マッツ・フメルスはロストフ戦で頭部に打撲を受けたものの参加、長期離脱の心配はなく、ミュンヘン育ちのドイツ代表はむしろ着慣れた衣装に袖を通してこの日姿をみせしている。