Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月02日

会長選挙にはヘーネス氏のみ擁立

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Uli HOENESS Einzelbild angeschnittenes Einzelmotiv Portraet Portrait Porträt Basketball 1 Bundesli
ウリ・ヘーネス氏の復帰に向けて、さらなる前進が見られた。土曜日にバイエルンミュンヘンの顧問団は既報通り、11月に行われる会長選挙の候補者としてウリ・ヘーネス氏のみを擁立することを決定した。

顧問団はシュトイバー会長を筆頭に、副会長はマイアー氏が務めているのだが、同職は今後メネケス氏へと受け継がれる模様。

なおすでにホプフナー現会長は、脱税で収監されていたヘーネス氏が釈放された後に、自身のポストを再び同氏に戻す考えを示しており、第一副会長のシェル氏は出馬を見合わせる判断を下している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker