Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月19日

アンチェロッティ監督、選手たちの奮起に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ancelotti800-1476796814
前回のチャンピオンズリーグGL第2節アトレチコ・マドリー戦で今季最初の敗戦を喫し、つづくケルン戦ではリードを追いつかれてドロー、さらに週末のフランクフルト戦では数的有利にありながらも再び追いつかれ、最近の公式戦3戦未勝利の状況にあるバイエルン・ミュンヘン。

カルロ・アンチェロッティ監督は「選手たちはとてもプロフェッショナルで、とてもインテリジェントだ。彼らはあの時の試合の姿勢がよくなかったということを、しっかりと理解しているよ。」との考えを示し、「「フランクフルト戦が終わってからすぐに、どのあたりを取り組むべきかを話し合った。そしてここ数日の練習ではそのリアクションを見て取る事ができているし、しっかりと改善でききると思う」と語った。

なお今回の試合前には、ホーム戦としては初めてホテルで前日を過ごす判断を下すことになったが、指揮官は「罰などではない。そもそも罰など彼らにふさわしくはない」とコメント、「フランクフルト戦での姿勢がまずかったことさえ理解してくれればいい。」と説明し、また選手の入れ替えについては特に明かすことはなく、アンチェロッティ監督は「起用法どうこうよりも、戦う姿勢を変えていきたい」と述べ、「明日は別の顔を見せてくれる、それは確かだよ」と期待を寄せた。

これにはフメルスも「チャンピオンズリーグにしっかりと集中できるね」との見方を述べ、「今回は少しプレッシャーがかかる状況だし、PSV戦は決して簡単な試合ではない」とコメント。ここ数日の練習では「これまでとは異なる闘志がみなぎっている」と語っている。

なおチリ代表で足首を負傷したアルトゥーロ・ビダルについては、リスクをおかす考えはなく「中盤は多くの選手がいるからね」と話しており、出場の可否については直前に判断されることになるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker