Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月07日

ボアテングがドイツ代表辞退、しばらく休養へ

Germany
ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダヴィド・アラバ(左)とジェローム・ボアテング(右)

ダヴィド・アラバ(左)とジェローム・ボアテング(右)



ヨアヒム・レーヴ代表監督は、今回の代表戦で、守備の要ジェローム・ボアテングを欠いて臨むことを余儀なくされた。

バイエルンのCBはホッフェンハイム戦で82分に負傷交代しており、その後の診断の結果、膝と内転筋に問題をかかえていることが判明。

カール=ハインツ・ルメニゲCEOは、医療チームが代表辞退を決断したことを発表している。

「ひどい負傷というわけではないのだが、しかしこの状態で参加させることは軽率だよ」

そこですでに代表辞退の意思が明かされていたのだが、月曜日の診断の結果、膝と内転筋に問題を抱えていることが判明したことを、バイエルンの広報が発表。

「右膝に炎症」が見れら、これから数日間は医療スタッフによる治療を受けた後、「個人練習をおこなって」回復を目指していくことになるという。

なおドイツ代表は、金曜日にワールドカップ予選サン・マリノと対戦。さらに翌週の火曜には、イタリア代表とのテストマッチが控えているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker