Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月03日

フメルス「レヴァンドフスキの素晴らしさはよく知っている」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bayern8-1478075124
先制点を許しながらもPSVに2−1で勝利したバイエルンのマッツ・フメルスが、インタビューに応じて試合について振り返った。

マッツ・フメルス(CB:バイエルン)
…PSV戦を振り返って
正直、そこまで難しい試合だったとは思わない。試合を通じて僕たちは、相手にほとんど自由を与えていなかったからね。確かにハードに取り組む必要はあった。でも最終的には2得点を挙げているし、とても集中した良いパフォーマンスを見せられたと思うよ。多くのチャンスを作り出せていたし、少なくともあと何点かは得点することも可能だったさ。

…レヴァンドフスキの重要性について
彼は得点を決めなくても重要な選手だ。とにかくよく取り組んでくれるし、今季はうまくアシストも決めている。今日は3回もポストに嫌われる不運もあったけど、彼がとてもいいFWであることは何年も前から知っていることさ。

…最近のチーム状況について
フメルス:3試合未勝利が続いたあとで、僕たちはとても良いリアクションを見せられていると思う。どの試合にもとても激しく臨んでいるし、今日はおざなりだなんて言わせるような場面などなかったはずだ。常に集中してプレーできているよ。もちりん全てがうまくいくようなことなんてありえないことだけどね。今はいい流れにあると思う。

…戦術の改善について
切り返しはうまくできているし、もっとピンポイントに戦術を改善していかなくてはならない。例えばカウンターを未然に防ぐようなポジショニングなどについてだ。

…自身のヘディングについて
フメルス:そうだね。アウグスブルク戦ではうまくできたけど、今日はそうでもなかった。得点を決められなくて残念だよ。いい形で入っていけてはいたんだけど。自分のストロングポイントなだけに苛立ちを覚えるね。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker