Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月26日

2連敗のバイエルンに朗報、ノイアーやロッベンら復帰…指揮官「自信はある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 26日に行われるブンデスリーガ第12節で、バイエルンとレヴァークーゼンが対戦する。

 19日のブンデスリーガ第11節でドルトムントに0-1と敗れ、首位陥落となったバイエルン。23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節ではロストフ(ロシア)に2-3と競り負け、公式戦2連敗となった。

 首位ライプツィヒは25日に今節を終え、フライブルクを相手に勝利を収めて勝ち点を「30」に伸ばしている。現在24ポイントのバイエルンとしては、是が非でも勝たなければならない一戦だ。ホームゲームを前に、バイエルンの公式HPが選手たちの状況を伝えている。

 クラブの公式HPによると「アリエン・ロッベン、ハビ・マルティネス、マヌエル・ノイアー、アルトゥーロ・ビダルが再び試合に出場できる状態」とのことで、主力選手が続々と復帰を果たす模様。連敗中のチームにあって、ラインナップの充実は朗報と言えそうだ。一方、ドイツ代表DFジェローム・ボアテングについてカルロ・アンチェロッティ監督は「練習を途中で切り上げた。あまり調子が良くなかったし、これ以上はリスクを冒したくない」とコメント。起用を見送る可能性を明かしている。

 アンチェロッティ監督は「我々は良いプレーをしなければならない。嫌な流れを断ち切るためにも、レヴァークーゼン戦は大きなチャンスだと思っている。私は自信を持っているし、チームに対しても全幅の信頼を寄せている」と、勝利への自信と選手たちへの信頼を強調した。

きんg


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker