ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月20日

バイエルン、チェルシーの19歳FWに関心…週給700万円要求で退団有力か

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンが、チェルシーに所属するU-21イングランド代表FWドミニク・ソランケの獲得に関心を抱いているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が18日に報じている。

ソランケは現在19歳。U-8チームからチェルシーでプレーし、順調にステップアップを遂げてきた。2015年夏にはオランダのフィテッセへレンタル移籍で加入し、26試合出場7ゴールを記録。昨年夏にチェルシーへ復帰した。同クラブのトップチームで活躍するには至っていないが、UEFAユースリーグで得点王に輝くなど、能力の高さを見せている。

今回の報道によると、チェルシーとソランケの現行契約は今夏で満了を迎えるという。同選手側は週給5万ポンド(約701万円)への昇給を求めており、チェルシーとの交渉が難航。バイエルンが同選手に関心を示しているほか、アーセナルやエヴァートン、サンダーランド、ウェストハム、レンジャーズ、セルティックもオファーを検討していると報じられている。

同紙によれば、チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、ソランケが今夏にチェルシーを退団する見込みであることを認めているようだ。イングランド期待の有望株は今後、どのクラブに新天地を求めることになるだろうか。

きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報