ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月20日

バイエルンのアンチェロッティ監督、相手ファンへの不適切行為を認める

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督が、18日に行われたブンデスリーガ第21節のヘルタ・ベルリン戦でファンに対して中指を立てたことを認めたようだ。イギリスメディア『BBC』が19日付で伝えている。

問題のシーンは試合終了間際に起こった。ヘルタ・ベルリンが1点リードで迎えた後半アディショナルタイム6分、バイエルンはポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがゴールを決めて同点に。この時、アンチェロッティ監督がヘルタ・ベルリンのファンに向けて中指を立てる仕草を見せたと、複数メディアが報じていた。

同メディアによると、このことについて同監督は「確かにそうだ。私はつばを吐かれたので、あのようなジェスチャーをした」とコメント。悪質な挑発があったとはいえ、不適切な行為であったことは認めているようだ。

きんg

 


バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース

  • ブンデスリーガ・各チーム情報